FC2ブログ

ぬるい氷

pene

pene

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

イノ

目が覚めると
僕はベッドの上で上半身だけを起こしていた
映画で見るような目覚め方だ
そして多分に漏れず
悪夢を見ていたらしい

まだ夜が明けきっていない薄暗がりの中
隣を見るとイノが寝ていた

彼女のことをイノと呼ぶようになってどのくらい経ったのかを思い返した
そしてそれはいつもより早いのか遅いのかも

僕は自分の恋人をイノと呼ぶようにしている
いつか付き合った相手の名前を間違えてこっぴどく叱られてから
くだらないことでもめたくないと思ってそうすることにした

そう名前なんてくだらないこと
僕は名前を覚えられないのだ
より正確に言うなら覚える気がないのだろう

イノという名は僕が初めて付き合った相手の名前だったかもしれないし
叱られた相手だったのかもしれない
たまたま手にした本に出てきた名前だったのか
もうそれすら覚えていない

相手にイノと呼ぶことを了承してもらうためにはいくつか手順がある
付き合ってから気を許せるようになること
そして僕が誠実な人間であると思いこませること
決して名前を覚えられないもしくは名前を覚えるのが面倒という印象を与えてはならない

その次は相手の実際の名前によるのだけれど
実際の名前がユイナだった場合
これはとても楽だ
最初はユイナと呼ぶが
イナ
イノ
と変えていけばいい

けれどもそううまくいくとは限らない
なぜなら世の女性の名前はイノに近くない方が多いからだ

その時は
君を特別な名前で呼んであげたい
とか何かしらの理由をつける

イノシシみたいで嫌よ
と言われても

イノというのはいの一番に君が好きだということを表している
つまり僕の人生において君が一番なんだよ
とか

僕はきっと君のことをイノさんと呼ぶだろう
イノサンとはフランス語で「純真」を表すから君にこそふさわしい名前だ
とか

いくつか僕も納得させられるような手駒をもっている
これまでそうやってきたのだ

そして今僕の隣で寝息を立てているイノまで
イノの歴史は延々と続くのだけれど
隣のイノは少し変わっていた

僕がイノと呼んでいいか聞くと
それなら交換条件で私もあなたのことをエンドーと呼ぶわ
と言った

僕は自分の名前にもこだわりがなかったので
了承した
僕と同じというわけではないだろうが
昔に付き合っていた男の名前が遠藤だったとか
エンドウ豆が好きなのかと
何かしらあるのだろう

けれど彼女がどうしてイノなのと聞いてこなかったので
僕も聞こうとはしなかった

きっと彼女がイノになってから2週間くらいだろう
そんなことをぼんやりと思っている
夜がさらに明けて隣で寝ているイノの姿がよりはっきりとしてきた
寝ていると思っていたイノは僕の方をじっと見ていた
僕が微笑みながらどうしたのと首をかしげるとイノが言った

「寝ている相手の首をしめると楽に殺せると思っていたけれど
やっぱり無理ね」

はじめ何を言ってるのか意味が分からなかったけれど
僕は苦しくて目が覚めたことを思い出した
悪夢じゃなかったのだ

「イノ?」

「実は私あなたと付き合うの初めてじゃないのよ
さて私は何番目のイノだったでしょう?
あなたは全く思い出せないでしょうけれど
でもそんなことはどうでもいいわ
私がどうしてあなたのことをエンド-と呼んでいたか分かる?
私と付き合ってあなたの人生が終わりってこと
ジ・エンドよ」

そういうと彼女は隠しもっていたナイフを僕の胸に突き立てた

そして僕は全てのイノを失ったのだった
comments(0)|trackback(0)|一日|2016-12-11_22:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。