FC2ブログ

ぬるい氷

pene

pene

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

君ってさ

町を自転車で走っていて驚いて急ブレーキをかけた
突然頭の中に顔が浮かんだからだ

もう何年も会ってないその人は
その時のままで笑っていた

思い出そうとしても思い出せないことだってあるのに
何の前触れもなく突然思い出すことがある

何かを記憶する時
それ単体ではなく
付随するものとともに記憶している

春の陽気さ
車の音
沈丁花の香り
日暮れ
さまざまな付随するものが引き金となって
その人を思い出したというわけだ

特定の条件がそろった時にだけ顔を出す情景
まるでパズルのよう

引き起こされた記憶は
意図的でないからこそ面白い

僕の頭に浮かんだ顔は
僕をあざ笑っていたので
頭の中でぶん殴ってやった
comments(0)|trackback(0)|一日|2013-03-26_22:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。