FC2ブログ

ぬるい氷

pene

pene

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

手袋の弔いかた

生き物が死んでいた場合
保健所に連絡すると段ボールに入れて置いといてくださいと言われるので
そのようにする
そうするとお迎えが来る

手袋の死体は人の目に止まっても
供養されることがない

けれども翌日にはその姿がなくなっていることから
きっと役所の中に専門の部署があるのだと推測する

手袋の死体はおとなしい
グロテスクでもなければ
卑猥でもない

ほんの少しの寂しさと疑問を見る者に投げかけるだけで
そこにあるのが当然のようになじんでいることもある

僕が思うに手袋の死因は事故死や他殺ではなく
自殺が多いのではないだろうか

自転車のかごから
バッグから
ポケットから
タイミングを待っている

何故死にたがるかは分からないけれど
原因の一つに春が近いというのもあるだろう

手袋の死体は片方だけということが多い

僕は死体の中指の部分をつまんで
道の端に移動する

それからその手袋に僕の片手を合わせて合掌する

後は役所がやってくれるはずだ
comments(0)|trackback(0)|一日|2013-02-19_19:56|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。