FC2ブログ

ぬるい氷

pene

pene

花見

桜の木でメジロが鳴いている
枝を行ったり来たりしながら蜜を吸っている
桜の花はくすぐったそうにしている

その光景はとても微笑ましく純粋に思えた

立ち止まってじっと様子を見ていると
桜は一斉にこちらに気がついて自信ありげに「どう?」って顔をした
さっきの方が良かったのにって僕は思った

同じ木を毎日眺めていると
力のありようが分かる

蓄えられた力が解放され
そして収束していく

花が咲くというのは
爆発に似ている

「わたしどう?」
って言っていた花たちは
日に日に自信を失っていくが
僕はその姿の方が謙虚で好感が持てる
かといって自信に満ちあふれる瞬間を否定しているわけではない
それはそういうものだからだ

メジロは飛び立ち
誰も立ち止まることのなくなった桜を眺める
どんな時も見ている人間は必ずいる
憐れみをかけているわけではない
その姿の方が好きだからだ
その方があなたらしいと思うからだ
スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|一日|2013-03-31_21:52|page top