FC2ブログ

ぬるい氷

pene

pene

沈む太陽と浮かぶ月

気持ちが塞いでいるときにはどうしても下を向いて歩いてしまうものだ
不思議なことにうつむいて歩いていると余計に気が滅入ってくる
一度入り込んだら下るばかりの螺旋の迷路
その先に出口はない

「辛くても前を向いて歩くのよ」

そう言うからにはきっとそんな経験をしたことがあるのだろう
誰が言ったかは知らないけれど可能ならその人に尋ねたい
「あなたはその時一体どんな顔をしていたのか」と

僕は自分の今の顔が一体他人の目にどのように映るのか分からないでいる

幸運なことにと言うべきか
その時間に川沿いを歩いている人は僕以外にはいなかった
空に浮かんでいる月
不敵に微笑んだ口元のようだ

整備されているわけでもなく
別段風情があるわけでもない
ただ流れているというだけの川
どこから流れてきてどこへ流れ着くのか
地元でも果たしてどれだけの人が知っていただろう

川には顔が沈んでいたが
それすらほとんどの人が気にしていないようだった

沈んだ顔はやがて浮かんでくる
月の明るい晩には明かりに照らされた顔が水面を漂っているのが分かった
明るい夜とは言えないその晩も一つの顔を見つけることができた
暗く沈んでいた顔は水面に上がってくる頃にはどれも良い表情をたたえていた
それは人それぞれだったが
きっとその人物の最も良い表情なのだろう

僕はためらいながら浮いている顔をそっと手ですくった
クラゲのように水面を漂うそれに触れても
手には感覚が伝わらなかった
まるで映像のようだ

水から上げると顔はすぐに乾き消えてしまった
持ち主の元へ帰ったのだと思った

僕はその瞬間何とも言えない気持ちになった
なぜなら自分も同じ表情をしているに違いなかったからだ

明け方になると僕は家に帰り眠りについた
日中は家で過ごすことが多かった
できるだけ人と顔を合わせたくなかったので
外に出るのにも日が暮れてからと決めていた
それでも外に出れば人と顔を合わせることもあったが
皆一様にお互いに顔を見ないよう下を向いて歩いていた
人の顔は時として自分の顔を映し出す鏡だ
土地の人間には顔がない
きっと川のどこかに沈んでいるのだろう
けれども気づかないふりをしている
そう誰もが認めたくないのだ

僕は夜な夜な外に出かけては
浮かんでいる顔をすくった
多い時にはその数は十を越えた
だが日に日に僕の欲求は高まり
それだけでは済まなくなってきた
つまり他人の顔を掬うのではなく自分の顔を救いたいという気持ちが強くなっていったのだった
いつかは浮かんだ自分の顔を見つけることができるのかもしれないが
それがいつになるのかは分からない

僕は浮いている顔に飽きたらず
水底に沈んでいる顔にまで手を伸ばした
けれども沈んだ顔を無理に水面まで引き上げても表情は変わらなかった
沈んだ顔は浮かない顔ではない
沈んだ顔はいずれ浮き上がる
それを待っている顔なのだ
月も太陽も沈むが時を経て空へ浮かび上がる

僕が無理やりに引き上げた顔はそのまま乾き消えてしまった
何か取り返しのつかないことをしてしまったのではないか

こんな時どんな顔をすればよいのだろうか
僕はいつから顔がないのだろうか
いや表情を忘れてしまったのだろうか

水面に映った自分の顔を確かめてみると
あるべき僕の口の位置にちょうど三日月が重なっていた
スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|書き物|2015-08-15_00:06|page top

木の子

記憶の中の空は古くなって黄ばんだ紙のような色をしている
雲一つないのに太陽もないものだから
太陽は水で伸ばされて空に塗込められてしまったように思える

遠く平坦な山の頂に面白い形の木が同じ間隔で生えているのを眺めている
木に見えるがあれは木の子であることを知っていて僕は一度そこにもたれて午睡にかまけたことを思い出した
木の子の軸は柔らかいクッションのようで僕がもたれかかると優しく反発した
目が覚めるとそこには僕の形にくぼみができていてしばらく眺めていたけれどすっかり元に戻ることはなかった
ここから見て左端から4番目がそれだったはずだ
記憶をたどって僕がその山の頂に登るとより凛々しい姿で木の子の尖塔の群れが屹立していた
4番目はすっかり元通りになってしまっていた
再びそこにもたれかかるとすぐに眠気に誘われた
どんな夢を見たのかは覚えていないが目覚めると自己嫌悪に陥った
ひどく卑猥な夢だったのかもしれない
頭に浮かんだのは真っ赤なスイカの果実とそこに埋まった無数の黒い種
それがとんでもなくグロテスクなものに感じられた
僕は僕がもう一度作ってしまったくぼみを眺めていた
記憶の中と同じようにそれがすぐに元通りになることは無かったがいつかは元通りになるのだろう
くぼみに手を差し込むと繊維がまとわりついた
それはさらさらとしていて心地よい絡み付き方だった
両手でくぼみをさらに広げると赤ん坊の鳴き声がした
繊維をかき分けていくと真っ白い赤ん坊の姿が見えたので両手で抱え上げた
赤ん坊は泣き止んで自分から地面に降りて土の中へもぐっていった
僕は何か取り返しのつかないことをしてしまったのかもしれない
見上げると木の子の傘の部分からおびただしい数の胞子が降り注いだ

僕は僕のくぼみの中にもう一度収まる
そして記憶を辿る
黄色がかった空はもうなく暗闇しか見えない
山の頂きにある木の子だけが光輝く胞子を飛ばしている
comments(0)|trackback(0)|書き物|2013-06-03_21:32|page top

こそあど言葉

こそあど言葉というのは指示代名詞のことだ

これ それ あれ どれ
ここ そこ あそこ どこ

などなど何かを指し示す時に使う

他にどんなこそあど言葉を知っているか聞いた時に
誰かが「ドラえもん」と言った

ドラえもん以外は
こらえもん
そらえもん
あらえもん
になる

「こらえもん」は「堪えるもの」でもいけるし「これはええもんや」という意味でも通じる
「そらえもん」は「それはええもんや」という意味になる
「あらえもん」は「洗えるもの」でもいけるし「あら!ええもんやね」という意味でも通じる
そして「ドラえもん」は言わずもがな

大体関西弁になってしまうけれどこの発想はなかなか面白い

このやりとりを聞いていた誰かが言った

「じゃあこわれもんは?」

「こわれもん」はつまり「壊れやすいもの」という意味
「そわれもん」は片仮名にすると「ソワレモン」となりフランスっぽい感じはでるけれど意味が通じない
「あはれもん」は昔は「あはれ」という言葉があったから,「あはれな物」という意味になる
「どわれもん」は片仮名にしても意味が通じない

惜しいなあと思っていたら別の誰かが言った
「意味は通じるよ!」

「そわれもんは「ソはレモン」にするとドレミの歌になる
でも,ソは青いそらでレモンじゃないから
あなたは間違ってますよっていう意味」
「どわれもんも「ドはレモン」にして
ドはドーナツのドでレモンじゃないから
正しく覚えましょうっていう意味」

なるほど!と思った

これで終わりだと思ったら
また別の誰かが言った

「じゃあ間違ったままだといけないから
正しいのも入れたらどう?
「レはレモン」」

そういうわけで僕らのこそあど言葉は
たまにこそあどれ言葉になる

こわれもん
ソはレモン
あはれもん
ドはレモン
レはレモン

いろんな発想が連鎖するこんな勉強もたまには趣があって良い
まさに「あはれもん」です
comments(0)|trackback(0)|書き物|2013-05-23_23:34|page top

悪魔の手先

カナビヤニ通りを真っすぐ行くとハルムス通りとぶつかるから
そこからハルムス通りを2本の糸杉に向かって歩いていればそのうち見えてくる

ボザの店を尋ねると誰もが口を揃えてそう教えてくれた

教えられた通りに歩き
カナビヤニとハルムスの交差点へと着いた
西の方向にはなるほど2本の糸杉が彼方に見えた

糸杉を頼りに歩き続けるとまばらだった民家は姿を消し
道の両脇には伸びるに任せた緑が広がった

そのうちという言葉を支えに延々と歩いた
緑が深くなるにつれ不安が頭をもたげ始めたが
戻ることの億劫さを考えると
たとえ店にはたどり着けなくても
何かあるだろうという期待の方が勝った

どれくらい歩いたろうか
糸杉は変わらずだったが
右手に確かに建物が見え始めた
辺りの様子からあばら屋のようなものを想像していたが
レンガ造りでしっかりした建物だということが遠目にも分かった

建物の正面に立つと不思議な形をしているのが分かった
1階部分は共通しているのだが
2階3階部分はそれぞれ独立して建っている
それが4棟あってフォークの先を想像させた

木製の古びた扉にはところどころ焦げや虫喰いがあって
ちょうど1階と2階の間から張り出したこれも大分痛んでいる木の棒に
「ボザの店」という看板が掛かっていた

扉に触れるとギーと鳴いた
中は通りとはうってかわって賑わっていた

見慣れない客に視線が集まり一瞬静寂が訪れたが
何事もなかったように時は再び動き出した

カウンターに腰をかけると
ガス入りの水を注文した

カウンターは8つあり先客は間を空けて二人座っていた
4つあるテーブルは全て埋まっている

一度に瓶の半分ほどの水をグラスに注ぎ喉を潤した
残り半分はチェイサーにすることにしてカポネ酒を追加した

ショットグラスで煽ると焼き付くような感覚が
喉から胃へと広がり滲んだ
それで少し落ち着いた

懐から紙片を取り出すとカウンターの上でマスターの方へ押し出した

「この悪魔を捜している」

マスターは首をかしげて
私の方へ紙片を押し戻した
せっかくここまで来て空振りというわけにはいかない
もう一度紙片をマスターの方へやったが
マスターは目もくれず人差し指で弾き飛ばした

紙片は宙を漂い二つ隣の席の客の足下に落ちた
私が立ち上がって拾おうとするより速く老人がその足下に落ちた紙片を拾い上げた

「これをどこで?」
と老人は言った
私は何も答えなかった
答えようにも答えられなかった

「あなたが描いたものですか?」
老人は質問を変え
私は頷いた

私は3ヶ月ほど前から断続的に悪夢を見るようになった
ただし目が覚めるとその内容はすっかり抜け落ち不快感だけが全身に残った
そしてその感覚は日に日に深くなっていくように感じられ何としても原因を突き止めたいと思った
考えられるあらゆる手だてを打つことにしたのだがしばらくは何の成果も得られなかった
例えば寝る場所を変える 時間を変える 映像に残すなどだ
その中で手がかりを得ることができたのが紙に書くという行為だったが
そのきっかけは本当に偶然だった
万が一夢の片鱗が目覚めた後も残っていたらと枕元に鉛筆と紙を置いて眠りにつくことを習慣にし始めたが
変化は感覚の強度のみで具体的なものは何一つ頭に残っておらず来る日も書けることはこれといってなかった
ところがある日目覚めてみると自分でも覚えがないのだが紙に一本の線が引かれていた
寝ている間に手が当たったのかと思っていたが次の日には線が増えていた
日に日に書き込みが増えていきそれはある生き物の姿になっていた

第三者の仕業ではないかと先の尖った鉛筆を手に括り付けて眠りについたが
目が覚めた時紙には疑いようのない絵が描かれそしてくくりつけられた鉛筆の先は丸みを帯びていた
紛れもなく自身の手によるものだとその日確信した
もちろんそれが夢とどのような関係があるのかは私には分からない
もしかしたら夢とは全く関係がないことなのかもしれないがそれは十分検討に値した

その生き物・・・生き物という表現がふさわしいのかどうか分からないが
それは神話や寓話の中で私が目にした悪魔という存在に酷似していた
獣のような毛に覆われた体躯
手先に鋭利な爪と足の蹄
禍々しい羽を広げ
しなやかな尾がなびいている

枕元に置かれた白紙が目覚めると様々な角度でその生き物の姿をとらえるようになった
これまでに描かれたものを並べてみるとそこには連続性があり
その生き物はどこかに向かっているようだった
その後顔だけが描かれるようになった
顔だけのものも並べてみると口の形だけが変化しており
何かを伝えようとしているようにも思え戦慄が走った
そして昨日
私が最後に描いた今こうして手にしている紙片には不敵な笑みを浮かべた生き物とともに
走り書きで「voza」というアルファベットが書き込まれていた

老人はもとは白かったであろう薄汚れたもこもことしているつなぎのようなものを
頭の先からすっぽりかぶっていた
唯一見える顔もざんばらな白髪とひげで表情がよく分からない
その出で立ちは巨大な蚕を想像させた

老人がさらに何かを言おうとしたところで
マスターがその手から紙片をひったくり制した
紙片は乱暴に丸められた後老人とは反対方向に向かって捨てられ
マスターは文句があれば言ってみろといったような顔で私を睨め付けた
私は紙片を拾うため腰を上げた
椅子の間に落ちているそれを拾いあげようとした時
宙に浮いている2本の足を目にした
この店にはおよそ似つかわしくない磨き抜かれた革靴と
ピンストライプのテーパードスラックス
私がかがみ込むまで空席だったはずの椅子に
もう今誰かが座っているのだった
顔を上げると屈託のない笑顔が私を覗き込んでいた
邪気のないその笑みは逆に私を不安にさせた

「何かお困り事ですか?」

椅子に座っていた若者が慇懃に私に語りかけた

「ええ」
と私は答えた

「力になれるかもしれませんよ」

若者は終始笑顔だった

マスターは興味を無くしたのかクロスでコップを拭いている
老人はカウンターに突っ伏して完全に芋虫のようになっていた

若者は手の平を差し出して臨席を勧め
私はその誘いを受けることにした

どこから話し始めていいのか分からなかった
夢の話を真剣に始めたところで一笑に付されるのがオチだ
私は出来るだけ深刻な話に陥らないように
夢の内容が気になったので紙に書き
たまたま同じ名前の店の名前があると聞いたのでこうして訪ねたのだと伝えた

若者はそれは興味深いと驚いた様子で真剣に私の話に耳を傾けた
そのあまりに真摯な態度に幾らかばつの悪さを感じたくらいだ

「全く偶然とは思えないことですよ」
若者は言った

「実は私も最近夢を見るのです
是非あなたに聞いていただきたい」
そう言うと若者は自分の夢の話を始めた

「私もあなたのように目覚めてから夢の内容が気になって仕方ないのです
気になりすぎて夜眠ることができないほどなのです」
若者は私の顔を覗き込むようにまじまじと見つめ
カウンターの上で指を組んだ
両手は真っ白な手袋で覆われていた
私はかつて一度だけ見たことのあるオークションでのオークショニアを思い出していた

「夢の中で私は手を広げています
そこへ何かがやって来るのです
ほらこんな具合に」
若者はそう言って右の手の平を広げた

「手の中央にその何かがやって来た時に
私はそれを握りつぶしたい衝動に駆られる
それは抗えないほどの強い欲求です
そして私の指は小刻みに震えだす
それは言葉では表せないような快感なのです
こう私がその何かの運命を握っているかのような
そんな優越感です
そしてその時は訪れるのです」
若者は開いていた手の平をぐっと握りしめた
顔にはぎらぎらとした笑みとも怒りともとれるような表情が浮かんでいた

「目覚めた時に思うのです
ああ何故もう少し我慢できなかったのだろうか
そうすればあの快感をもっと長く味わえたものをと
もしあなたが私の立場だったらどうでしょう
握りつぶせずにいられますか?
そのか弱い存在を
私のしたことは間違っているのでしょうか?」

私は何と答えれば良いのか分からなかったが
淡々とした語り口とは裏腹に
その表情がもたらす
若者の同意を求める常軌を逸した気迫に弱々しく頷いた

気づけば店内を静けさが満たしていた
全ての客が
いやあの芋虫のような老人をのぞき
マスターを含めた全ての人間が
会話を止めわたしたちのやり取りを不気味な笑みを浮かべながら眺めていた

「そうでしょう
あなたなら分かってくれると思いました
何せ夢に導かれてここまで来られたあなただ
あなた以外の誰に私の話が理解できると言うのでしょう
一杯おごらせてください
同じ物で良いですか?」

私のグラスにカポネ酒が並々と注がれ
促されるままに私は初めて会ったその男と乾杯をした
互いのショットグラスを重ね
甲高い音が鳴った
その音に老人が少しだけうめいたように思えた
男が一気にグラスをあおり
私もそれに追随した

私は目の前に何度も注がれる酒を一気に煽った
男は変わらない調子で淡々と語っていたが
私はもうその言語を理解できなくなっていた
許容量を超えた私は朦朧とし
幻聴と幻覚が入り交じって現実との判断がつかなくなっていた
私の視界の先であの老人が裸にされようとしている
いつ奪ったのだろうか
老人は私の握っていた紙片を手にし
私に向かって何かを叫んでいるが伝わらない
老人は数人の男に引き戻され裸にされ
蚕のように病的に白い肌が露出していた
それを上からあの男が見下ろしている
スウィングジャズの音が耳に届く
さっきまで店内で音楽が鳴っていただろうか
スキャットのように聞こえるのは老人の叫びか
男が手袋を外そうとしている
左手で右手の人差し指を持ち
するりと手袋が外され宙を舞った
男の右手の人差し指と中指は他の指に比べて驚くほど長く
そして壊死しているかのように黒ずみ乾きところどころ皮膚がめくれあがっていた
男は手の平を広げそして恍惚の表情を浮かべながら指を小刻みに震わせた
そして一気に握りしめると老人が姿を消した
ああどうして気づかなかったのだろうか
男の顔は私が描いたあの顔に瓜二つではないか

再び手の平を広げた男が私の方に近づいてくる
最初から私はこの男の手の中でもがいていたに過ぎなかったのだ
近づくにつれ確信する
男の2本の突出した忌々しい指は
彼方に見えたあの糸杉そのものだった
comments(0)|trackback(0)|書き物|2013-05-07_21:16|page top

ぬるくない氷

氷山の稜線に沿って二頭のペガサスが空を翔る
空気を掻く蹄の音は静謐な夜空に響く福音の音

極彩色に染まった魚の群れは長い尾をたなびかせ
オーロラの軌跡を生み

滑空のみで航行する鳥は音を立てずに色に馴染む
そして幾度か翻った後で光を纏い彼方の星々を目指した

何万年も前の大気を内包した氷が少しずつ溶け始め
ぴきぴきと音を立てながら時間を解放する

熊や海豹やその他多くの白い大地に住まう者たちは
今七色に輝き一同に天を仰ぐ

氷山の向こうに虹が架かると
荘厳な鐘の音が一斉に空気を染めた

ユニコーンを先頭とし
ケンタウルス
セイレーン
最後に純白の羊に率いられた馬車が七色の橋を行く



「・・・てるの?」

「ねえ聞いているの?」

「さっきから話しかけてるんだけれど」

女の子は少しだけ口を膨らませてグラスの底に残った最後のクリームソーダをストローで吸った

空気と水を同時に吸った時に聞こえる小さな音
それからバランスを失った氷がグラスの内壁に当たって乾いた音がした

”ちゃんと聞いていたさ”

僕はつぶやくように答えた
comments(0)|trackback(0)|書き物|2013-04-08_20:38|page top