ぬるい氷

pene

pene

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

イノ

目が覚めると
僕はベッドの上で上半身だけを起こしていた
映画で見るような目覚め方だ
そして多分に漏れず
悪夢を見ていたらしい

まだ夜が明けきっていない薄暗がりの中
隣を見るとイノが寝ていた

彼女のことをイノと呼ぶようになってどのくらい経ったのかを思い返した
そしてそれはいつもより早いのか遅いのかも

僕は自分の恋人をイノと呼ぶようにしている
いつか付き合った相手の名前を間違えてこっぴどく叱られてから
くだらないことでもめたくないと思ってそうすることにした

そう名前なんてくだらないこと
僕は名前を覚えられないのだ
より正確に言うなら覚える気がないのだろう

イノという名は僕が初めて付き合った相手の名前だったかもしれないし
叱られた相手だったのかもしれない
たまたま手にした本に出てきた名前だったのか
もうそれすら覚えていない

相手にイノと呼ぶことを了承してもらうためにはいくつか手順がある
付き合ってから気を許せるようになること
そして僕が誠実な人間であると思いこませること
決して名前を覚えられないもしくは名前を覚えるのが面倒という印象を与えてはならない

その次は相手の実際の名前によるのだけれど
実際の名前がユイナだった場合
これはとても楽だ
最初はユイナと呼ぶが
イナ
イノ
と変えていけばいい

けれどもそううまくいくとは限らない
なぜなら世の女性の名前はイノに近くない方が多いからだ

その時は
君を特別な名前で呼んであげたい
とか何かしらの理由をつける

イノシシみたいで嫌よ
と言われても

イノというのはいの一番に君が好きだということを表している
つまり僕の人生において君が一番なんだよ
とか

僕はきっと君のことをイノさんと呼ぶだろう
イノサンとはフランス語で「純真」を表すから君にこそふさわしい名前だ
とか

いくつか僕も納得させられるような手駒をもっている
これまでそうやってきたのだ

そして今僕の隣で寝息を立てているイノまで
イノの歴史は延々と続くのだけれど
隣のイノは少し変わっていた

僕がイノと呼んでいいか聞くと
それなら交換条件で私もあなたのことをエンドーと呼ぶわ
と言った

僕は自分の名前にもこだわりがなかったので
了承した
僕と同じというわけではないだろうが
昔に付き合っていた男の名前が遠藤だったとか
エンドウ豆が好きなのかと
何かしらあるのだろう

けれど彼女がどうしてイノなのと聞いてこなかったので
僕も聞こうとはしなかった

きっと彼女がイノになってから2週間くらいだろう
そんなことをぼんやりと思っている
夜がさらに明けて隣で寝ているイノの姿がよりはっきりとしてきた
寝ていると思っていたイノは僕の方をじっと見ていた
僕が微笑みながらどうしたのと首をかしげるとイノが言った

「寝ている相手の首をしめると楽に殺せると思っていたけれど
やっぱり無理ね」

はじめ何を言ってるのか意味が分からなかったけれど
僕は苦しくて目が覚めたことを思い出した
悪夢じゃなかったのだ

「イノ?」

「実は私あなたと付き合うの初めてじゃないのよ
さて私は何番目のイノだったでしょう?
あなたは全く思い出せないでしょうけれど
でもそんなことはどうでもいいわ
私がどうしてあなたのことをエンド-と呼んでいたか分かる?
私と付き合ってあなたの人生が終わりってこと
ジ・エンドよ」

そういうと彼女は隠しもっていたナイフを僕の胸に突き立てた

そして僕は全てのイノを失ったのだった
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|一日|2016-12-11_22:27|page top

トイレの話

慣れているトイレ以外のトイレを使うことにためらいがある
ためらいの主な理由は
誰が使ったか分からない=不潔である
と思っているからだと思う

だから僕はほとんど自宅のトイレしか使わないのだけれど
自宅のトイレが常に清潔かといえばそういうわけでもないと思う
そうなると「不潔だから嫌」なのではなく
「他人の汚物が嫌」なのだと思う
裏を返せば「自分の汚物なら大丈夫」と聞こえるけれど
そういうわけでもない

こんな話をしたかったわけではない
この間ある女性と食事をすることになりお酒を飲んだのだ
お酒を飲むとトイレが近くなるのだけれどできるだけ行かないように我慢していた
けれども会計を済ませた後に
女性がトイレに行ったので
僕もその人が戻ってきたところでトイレに行くことにした
店が綺麗なのでトイレも綺麗だろうと思って用を足しに向かった
男女兼用のトイレで個室に洋式の便器があった

できるだけ手に触れる部分を少なくするためにフタの端の方を持って開けると
水が溜まっているはずの部分に顔があった
おでこからあごの先まですっぽりと
顔がはまっているというよりは顔がせり出してきたような感じだった

顔はまだ幼い子どもの顔に見えた
フタを開けたことによって明るくなったからか
その顔はまぶしそうな顔をした
けれど目を開くことはなかった
それからその顔はパクパクパクパク
口を開けて閉めてを繰り返した

何をしているのかをよく観察すると
一生懸命呼吸をしているようだった
僕はその様子を見ながら
今まさにこの生き物は生まれたばかりで
呼吸の仕方を学んでいるのだと思った

僕は自分でいつ呼吸の仕方を学んだのかを知らないが
いつの間にか呼吸をすることができている
いつ学んだのか覚えていなけれど歩けるし
洋式の便所で用も足せる

しかし顔の埋まっているトイレで用を足すという経験はこれまでしたことがない
便意はいつの間にか消え去っていたので
僕は何もせずにその場を後にした

僕は待っていてくれた女性にトイレの話をしようと思ったが
僕よりも前にトイレに入ったその女性と便器の中にいた子どもの間に
もしかしたら何らかの関係があったらと思って
何も聞かなかった

ただその女性が店を出る前に
「トイレ迷わなかった?」
という一言がどういう意味だったのか
今でも考えてしまう
comments(0)|trackback(0)|一日|2016-11-27_23:47|page top

カエルのつかまえかた

梅雨に入って数日が経つけれど
まだ空気に湿り気は感じられないし
空も機嫌が良い

建物から出て移動していると
「ねえ カエルってどうやったら捕まえられるのかなぁ」
と一人の子どもが近づいてきて
僕の袖を引っ張った

引っ張られるまま子どもについていくと
草むらには数人の子どもがいて
何かを覗きこんでいる

桜の葉っぱが1枚
その両端に木の枝が刺さっていて
地面に突き立てられている

これは水に浮かぶハスの葉を表現してようとがんばったんだなと思った
草むらにはカエルが座れるような場所がないから知恵を絞ったのだろう

草むらの中に1枚だけ浮いているように用意された桜の葉っぱは
カエルの王様が座ってもおかしくないような立派なものに見えた

さっきの子どもがまた
「ねえ どうやったら捕まえられる?」
と聞いた

餌でおびき寄せるとか網を張っておくとか
そういうのは違う気がした

子どもたちはカエルに心地よくなってもらって捕まえたいのだ
そう僕は勝手に解釈した
だから僕は
「雨が降ったらいいかもね」
と言ってホースの口をすぼめて空に向かって水を放ち
雨のように水を降り注がせた

「まだ足りないかなぁ」
今度はカエルの歌を子どもたちと歌って
カエルがいつでも参加できるようにした

しばらくして飽きてしまったのか
子どもたちはどこかへ行ってしまった

都会の片隅の取り残されたような草むらに
まだそのカエルのベッドはひっそりと存在している

仕事に疲れたカエルが今日の夜にでも
ひっそりそこに横にならないかなと願うばかりだ
comments(0)|trackback(0)|一日|2016-06-08_21:56|page top

逆鱗

『人は二度死ぬ
一度目は肉体が滅んだ時
二度目はみんなの心の中から忘れさられた時』

そんな言葉をどこかで聞いたことがある

僕がよく見るようになった夢の話

6畳間で大切な人が横になっている
夕日が沈んでいくのを僕はベランダで見ていて
暗くなっても部屋に電気がつかないから
僕は急いで部屋の中に入ってその人を揺り動かすと
起きはしないんだけれど寝息が聞こえるから
「あぁ生きている よかった」と思って安心して目がさめると
実際にはその人は1年前に亡くなっているという現実を突きつけられる

そういう夢を幾度となく見ているのだけれど
現実は何も変わらないのに
夢のせいで何度もその人を自分が殺しているような気持ちになってくる

夢から醒めた夢
夢の中の方が不自由だ

こんなことを書いてみたくなったのは
先週の土曜日
「NODA MAP 第20回公演 逆鱗」
を見たせいかもしれない

ストーリーについては触れないけれど
舞台の演出が美しかった

(自分のメモとして)
アナグラム
回遊魚
八百比丘尼

逆鱗
comments(0)|trackback(0)|芸術|2016-03-28_20:18|page top

kyoto experiment最終日

ボリス・シャルマッツ / ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』
京都造形芸術大学春秋座

喰う

舞台に点在する13人の年齢も体型も様々なダンサー(本来は14人だそう)
手にはA4サイズの紙を数枚持っておもむろにそれを口にし始める
ちぎりながらの人がいたりそのまま丸めて口につめ込もうとする人がいたりそれぞれ

観客は観客席からではなく閉鎖された舞台の上でそのパフォーマンスを間近に見ることができる
最初は個人で食べるという行為に動きや発音が伴いそれがダンサー間で共鳴したり連鎖したりして
そのうち協働にもなっていく

原題の「manger」は直訳すれば「食べる」の意と解説にはあるけれど本公演では「喰う」と訳されている
喰うという行動にはより本能的な意味が伴うように思う
欲求を満たすという行為は本来「快」なのだろうが必ずしもそうではない
食べては吐く人もいるし
欲求を満たす姿は時にグロテスクに映る

ダンサーが食べているものが白い無機質な紙なので
食べるという行為そのものに注目せざるをえないのだけれど
食べるという行為自体が表現活動になるのは面白かった
(本公演は食べているだけじゃないけどね)

そして僕がさらに気になったのは
ダンサーが食べている紙
まさか本当の紙じゃないだろうと思い
どんな味がするのか食べてみたいと思っていたら
ポスターに写っているダンサーが紙を破ってくれた
(下の写真のです)

喰う紙

紙は最中の皮に近くてほとんど味はなかったけれど
この1時間の公演は咀嚼すればするほど不思議な味わいが広がりました
comments(0)|trackback(0)|芸術|2016-03-27_23:12|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。